妊娠虫40歳。

妊娠虫(バグ)を発生させてからの記録。

願いは叶う10年説。

私が確信してるのは、10年思い続けていられれば、必ず願いに近いものが叶うということだ。

今日願ったから明日叶うことはない。
願う気持ちが強くて、ほしくて、10年たっても諦めることが出来ないものは、神様は叶えてくれる。

ただ10年って長いから、本心の願いじゃないと10年も思い続けられない。

また、自分の本心に忠実に願っているかも重要だ。

自分の根深いところで、達成したいと思うこと、夢見てしまうことは、必ず近づいてくる。
それは自分がこの世に生まれてきて果たすべき課題だったりするからだ。

生まれたときから、特定の課題をもってみんな生まれてくると思う。

ただ、忘れっぽくて、何のために生まれてきたのか忘れてしまう。
それを思い出すために時間を費やしたりしてしまう。

だからなるべく早く、自分の本心の課題に気づいて、いち早く願わなくてはいけないと私は思う。

周りの意見を聴くのはいいけれど、それがなんとなく行動が進まないとき、本心の司令が反応してない場合が多い。

また、周りの人を羨んだり妬んだり、比べたりするのも、自分の本心からのエラー反応だったりする。

今自分は自分の、課題をやっていない。だから周りを見渡して、比べて焦るのだ。
けっして、周りの人のようになりたいわけじゃないのだ。
安易に人の真似をしようとして、うまく行かなくて、落ち込んでも意味がない。

だってそこに自分の、求めてるものがないのだから。

なんでも一つの物事に執着し過ぎると、精神衛生上よくない。

自分以外のことは他人様のこと。そこに執着すると、上手くいかないことが多くなる。

学校の先生が、こうじゃなくちゃいけないといったとしても、それを忠実に守ったところで、その先生以上にはなれないし、また上手くいかないかもしれない。

自分に素直になることは難しいことだけど、それでも、常に、自分の本心、自分の課題は何か、目を背けては、いつまで立っても、幸せは訪れず、又課題も果たせない。

人生短いから、早く自分の課題に気づいて、10年頑張ったほうがいいと思う。