妊娠虫40歳。

妊娠虫(バグ)を発生させてからの記録。

54歳の旦那に浮気はあるか?

領収証を必ずもらう旦那。
自分のいったお店の領収証を探してたら12月に入って旦那が誰かと6回も食べている。
それも1回は私が友達とご飯食べてくるといった日に、六本木で3万も旦那の領収証があった。
コースを頼めば、2人で3万くらいいくだろう。
例えば会社の接待的なもので連れて行くこともあるだろうが、12月に6回は多い気がする。
こんな領収証を私は前も見たことがある。
その時も、決まって
セルリアンタワー恵比寿ガーデンプレイスが出てくるのだ。
2つとも旦那といって食べたことはあるけど、、。
果たしてだれと言ってるのか怪しい。
今のところホテルに泊まった領収証は出てきてないからいいけど、いままで2回くらい朝帰り的なことをしてきたことがある。
はっきりいって興味ないし、旦那は前の結婚の時本当にホテルに浮気相手と止まりに行って前奥さんがその女に電話をかけたことはあるし、別電話をもってたこともある人だ。
人間かわらない。
寂しくなればちょっと声かけてくる女性とご飯を食べたりすることもあるだろう。
今後ホテルに宿泊的な領収証が出てこないことを願うが。

私にも浮気心はある。
本気じゃない。ただ旦那と違う異性とご飯くらい食べたっていいじゃないかと思う。
一線を超えるほど私は馬鹿じゃないし、特もない。
男性とは違うのだ。
女性が一線を超えるときは、たぶん浮気じゃなくて本気だろう。 

もし私が男性だったら、いろんな女性にちょっかいだしたくはなる。
もしかわいい奥さんがいたとしても。
奥さんは奥さん、浮気相手は浮気相手だ。
それもご飯を食べるくらいいいじゃないかと男性だったら思うだろう。

だけど、私より贅沢するのは許されない。
もし女性に奢ってるという前提で。

気になるのは私が出かけるときいつも、どこにいくのか聞くことだ。
まるで浮気相手がいるんじゃないか詮索するかのようだ。

浮気を疑うとき、それは自分も浮気をしたことがあるか、しているときだ。

旦那はどっちも該当しそうだけど。

ただ、はっきりいって54歳のおっさんだよ。
私だったら、仕方ない、おごってくれるからいくかぐらいの気持ちしかわかないだろう。
まー母性本能くすぐるようなことや、芸能ネタで興味をそそられることがあったとしても、本気にはならないと思う。

むかーし、同棲してた相手が浮気してたけど、相手は3人の子持ちシングルマザーだったのには呆れた。
マーその前に、私が浮気してたけど。

浮気って心の弱さや、なんかわからないけど環境のへんな感じ、仕事のストレスとか、どこかに逃げたいとか、ただ気まぐれなコミュニケーションの一つでしかない。
ある意味、虚しい時もある。
だってそれは、ウソの付き合いだから。

もし旦那が浮気してたとしても、旦那が自ら結婚してるとは言わないだろう。
ウソをついて相手とコミュニケーションする時、別れた時の虚しさはあると思う。

たんなる遊びはやはり遊びでしかなく、その場限りのものは将来もないし、嘘の関係は上辺だけでやはり虚しいだけな気がする。
もしそんなことを旦那がしていても、妻である私もいけないのかもしれないが、私はそこまでお人好しではない。

心の弱さで作り出した関係は虚しいだけ。

離婚すると大騒ぎしていたけど、その後風邪をひくし仕事あるしでそれどころじゃないし。
親にわーわーいって気分も少し収まったけれど。

それに母親がいうには、まだいいほうだというし。
喧嘩してるうちはまだ大丈夫だと。
喧嘩しなくなって、お互い諦めた時はもう修復は難しくなる。

私は、、どうだろう?
いまだにもやもやがある。
でもこのもやもやは消えないだろう。

もやもやは結婚だけの問題じゃない。
私が初めから持ってるものだ。
もやもやは常にある。
けれど、パワーが有り余ってるから、仕事やったり、何かに集中してれば忘れるくらいのもやもやなのだ。

結婚生活は残念ながら甘くない。
同士のはずなのに、お互い助け合うあずなのに、いつの間にか信頼はどこかにおいてけぼりで、ただ日常の生活の中でぼんやり忘れることができるのだ。

アイズワイドシャットで、結婚する前は両目をひらいて、結婚したら片目をつぶってとあるけれど、
何が正解かなんて微妙だ。

各家庭のルールがあり、それは正しいとか正しくないとかではないのだ。

二人の間の言葉にはないへんな繫がりがあって、縁があって、一緒にいる。

漫画の中の王子様は漫画の中にとどめておいたほうがいい。
妄想は結構、でも妄想を現実にしてはいけない。
妄想だから、美しく、淀みももやもやもない、空気なのだから。
現実にそれをもってきた瞬間、酸化がすすむ。

だから、脳内妄想は脳内で楽しむべきだ。

結婚したら、片目をつむって、時には両目をつぶるか、度の強い眼鏡をかけるぐらいがいい。

結婚の生活に、理想や妄想を持ち込むべきではない。

クリアな頭は仕事で活用しよう!