妊娠虫40歳。

妊娠虫(バグ)を発生させてからの記録。

夫が浮気をした!男性に読んでほしい。恋愛と結婚は違うことを。

恋愛の時、いろいろな男性と付き合ったしセックスしたし、浮気もした。

だけど、結婚は違う。
紙切れの問題だけど、それでも、気持ちの向き合い方が違う。

恋愛は楽しいだけ。

結婚は苦楽を共にし、一生添い遂げると誓いを立て家庭を築き、この人しかいないと決めて生きる。

だから結婚してからの浮気はどうしても許せない。

わだかまりをもって一緒に生きるのは辛い。

許すとか、許さないとか、そういう次元ではない。

そんなに簡単なものではない。

恋愛なら、浮気してバタバタケンカしてってありかもしれないけど、結婚してからの浮気は別物なのだ。

浮気した夫、浮気された妻は一生にいる、結婚の意味はあるのだろうか?
そこに信頼とか、支え合って生きていくとかあるのだろうか?

結婚してからの浮気という名の遊びは、とても危険で、それは独身の時の浮気とは別物だと思っておいたほうがいい。

お互い支え合い、話し合い、作り上げていく家庭に、他の女性とセックスして恋愛ごっこしてって、あまりに幼稚ではないだろうか?

男性は家庭と浮気は別物だと思うかもしれない。
浮気はたんなる遊びで、離婚する気なんてないし、家が一番だと思うかもしれない。

ただ、浮気された妻は、旦那のその姿を見た瞬間、音を立てて、楽しい思い出も、今まで築き上げた家庭も、崩れ落ちる音を聞くのだ。

軽はずみな行動は、一番大切な家にいてくれる妻の心を失うことになるのだ。

その心はもう戻らない。

大切に思っているからこそ、悲しみも深く、崩壊は激しい。

もし子供がいれば、お金のことや、子供から父親がいなくなること、シングルマザーへの不安、いろいろなことで、とどまるかもしれない。

しかし、とどまった妻は、もう前の妻ではない。

見えないかもしれないが、心がズタズタに壊れて傷だらけの妻の姿なのだ。

笑顔が戻ったとしても、そこには昔の幸せな笑顔はない。
心底幸せに笑う姿はないだろう。

夜妻は一人になりすすり泣く。
ひび割れた心はきれいな美しい形ではないのだ。
もうどんなに夫が許しをえようとしても、壊れてしまったのは元に戻らないのだ。

それが何を意味しているかわかるだろうか??

それは一生一緒にいる隣の女性から、心底尊敬されることもないし、愛されることもなく、ただ生活するパートナーになるだけなのだ。

もう素直に愛してる好きだとも思われないのだ。

妻は旦那を妥協した男として、仕方ない人間と思って一生一緒にいるのだ。

もう出会ったころの妻の素直な眼差しはない。
もう結婚を誓った時の笑顔はない。
もうあなたに作る料理に愛はない。

一度過ちをおかした代償は大きい。

どんなに妻も原因があったから、自分が浮気をしたと夫がいったとしても、

結婚という一生を添い遂げる誓いをした相手を裏切るというのは、

自ら、離婚をしようとしてると同じなのだ。

妻が離婚しなくても、妻はもう元にはもどらない。
でも越えてはいけない一線を超えてしまったのはあなただ。

鶴の恩返しのように、見てはいけないといわれたのに、見てしまった。
そしてもう一生鶴は帰ってこない。

離婚しない妻は存在はそこにいたとしても、心はもう戻らないのだ。

それは許すとか許さないとかそういう問題ではなく、

一線を超えてしまった夫は、もう妻がいる世界とは違う場所にいることになるのだ。

夫は家に帰れたとしても、妻の心はそこにはないだろう。

だから、男性に伝えたい。
もしあなたが結婚していたら、もし安易に浮気を軽はずみにしようとしていたら、それは奈落の底に落ちること同じことだ。

その一線はとても危ない。
けっしてあなたを幸せにはしない。
その一線を超えたとき、快楽という名に手を出そうとしたとき、足元を見てほしい。

そこは崖っぷちで、あなたは落ちようとしていることを。

一度おちたら、もう、崖の上には戻れない。

崖の上かは妻は泣き叫び、どうして飛び降りてしまったのか悲しみ苦しむだろう。

あなたは、快楽という楽しみを掴んだように感じるかもしれないが、それはあなたが崖の下で死んでいて、夢を見ているだけなのだ。

あなたは無残な姿になりはてているのだ。
崖の下で。