妊娠虫40歳。

妊娠虫(バグ)を発生させてからの記録。

本当の強さとは?

それは叩かれまくっても這い上がった人だ。
残念なことが起こっても、時間を無駄にせず、自分の理想を追いかけた人だ。
平均以下だったとしても、平均以上になった人だ。

強い人の瞳は、強い。
人を感動させる。
人の心にいつまでも残る。

本当に強い人というのは。

本当に強い人は、自分を守るよりも、人を少しでも幸せにしようとする。

本当に強い人は、自分の為じゃなくて、他人のために生きることができる。

もし、弱い自分がいたら、ラッキーだ。
もし、最悪の状況に自分がいたら、ラッキーだ。

それは強い人間になれるチャンスだから。

本当に強い人の世界は広い。

本当に強いから、自分の弱さも、他人の弱さも、受け止めることができる。

いやそんなことをしていたら、強い人は変な人ばっかりよってきて大変じゃないかと思うだろう。

でも神様はそうはさせない。

変な人は、その強い輝きが眩しすぎて、自分の小ささを知るだろう。

この人はこんなに輝いているのに、自分はなんてくすんでいるんだろうと思って努力するか、もしくは負け犬のように強い人から去っていくだろう。

強い人は来るもの拒まず、そして追いもしない。

強い人は、人それぞれ生きる課題の宿命を背負っていると知っているからだ。

人それぞれが、それでいい。
人それぞれに居場所がある。
人それぞれに乗り越えなくちゃいけない場面がある。

それはその人にしかわからないことも、強い人間は知っている。

だから、もし、今、弱くても、最悪でも、望めば強い人には近づける。

近づけばちゃんと、生きてきた課題に出会い、それを乗り越えれば、必ず幸せになれる。

その時、その人は、その人なりの強さを手に入れる。

大丈夫だ。
今、弱くても。