妊娠虫40歳。

妊娠虫(バグ)を発生させてからの記録。

裏切られたら?夫の、浮気。

まず、半分の人が浮気をしたことがあるという、人生で。

 

だから結婚したからといって、その人が浮気という、行為が消えるかといえばそうじゃない。

 

確率的にいえば、二人に、一人は浮気をするけれど、結婚という制度によって、三人に一人は浮気すると抑えられてるんじゃないかと思う。

 

実体験で、私は独身のころ、既婚者からいいよられたことがあったし、浮気している男性も知っている。

そして自分も付き合ってる人がいたけれど浮気していたことがある。

 

でも自分が結婚した相手が浮気するなんて思っていなかったので、その考えは崩壊した。

 

自分の、隣にいる人は結婚後も浮気をする人だったのだ。

 

そしてこれからもその可能性がある。

もしかしたら、今でもその可能性がある。

 

だからといって人を、ずっと監視するなんて出来ないし、みはってても、やる人はやる。

 

私は彼の浮気後、自分の結婚後は浮気なんてないという、考えが崩壊したあと、ほとぼりが冷めて、自分が浮気をしようとおもっていなくても寂しさで声をかけてしまったことがある。

また案外簡単に結婚後でも異性と、会えることこを知った。

 

肉体関係があるかないか?なんてそれほど関係ないのかも?

 

だって、本当に好きだったら手出しできないから。

たいてい自分の性欲を、満たしたいがためのもので、相手が本当に好きじゃないのが浮気。

 

浮気を知った相手はショック死しそうだけど。

 

結婚後浮気をするというのは、今の妻や夫に安心しているということ。

またはいるのが当たり前になって、その存在を軽視してるということ。

 

結婚の誓いなんて、崩壊したから、結婚に対しての重さが私にはない。

いつでも彼から去れる心構えだけは浮気されてついた。

 

それは人間の防衛本能のようなものだ。

だれだってショック死したくないし、できる限り幸せになりたい。

 

だから今後もその可能性を秘めている旦那に対して、私が防衛本能を身に着けることは当たり前のことだ。

 

そうさせたのも旦那なのだから仕方ない。

 

一度起きたものは、消えない、一生。

 

裏切るとはそういうことだ。

 

だって3人に一人は離婚するんだから。

 

その三人に一人のうちになる可能性が高い結婚だとわかってしまったのだから、私はまたいつか裏切ることがあるかもしれない旦那から、自己防衛をみつにけることを学んだのだ。

 

信頼しろなんてものは、ぬるすぎる。

 

だいたい結婚という、制度自体怪しい。

 

自分の結婚という常識を、壊してくれた旦那に感謝しつつ、もっと自由に生きようと思う。

 

離婚も結婚もいつでもできるのだから。