妊娠虫40歳。

妊娠虫(バグ)を発生させてからの記録。

40代から服選びはトレンドじゃない、自分を魅力的に魅せる形と色を知っているか?ということ。

人によって顔の大きさも違えば、肩幅だって身長だって違う。

 

40代で大切なのは、たくさん洋服を着てきた中で、この形は自分に合っていて、楽で、疲れていても老けて見えない服だ。

 

若い時は、露出や流行りを意識したり周りに合わせていたりしたけれど。

 

40代になって、いろんな服を着てきた中で、これは自分を高く魅せる。

これは着てて楽で気分がよくなる。

これは仕事でどんなに疲れていても、帰り際、鏡を見た時に、老けて見えない。

と経験値でわかるはずだ。

 

そういう大切なポイントを抑えて、服を選ぶ。

 

例えば私は小顔らしいが、どうも貧弱な顔つきだと自分では思う。

だから、デコルテが空いた服を着てしまうと、なにか貧相にみえてしまうのだ。

 

そして身長が高くない。足が長いわけではないが、タッパーがないから、地味にみえてしまう。

 

だからといって、柄物を着すぎると服に顔が負けるし、着ている自分も窮屈に感じる。

 

私が思うのが、やはりデコルテが出ない服で、顔周りを華やかにしてくれる形の服が自分では自信が持てる。

 

飽きっぽい性格だから同じ服を来年は着ないことが多いから、安い服を買って次に興味がなければすぐに捨ててしまう。

 

そしてあまり派手なものは、また飽きやすいので最後に行き着くのは、シンプルな服だ。

 

また面倒くさがりのかさばる服とか、重い服は着ていて疲れるので、薄いものを重ねられた方がありがたい。

 

メイクやアクセサリーは派手なものが好きなので、トータルで考えると

 

デコルテがでず、顔周りに重さが出る服で、シンプルで軽い、安いものが私にとってベストだとわかる。

 

そうやって自分にとっての服を選ぶ時のポイントを覚えておけば、服を選ぶ時に、通販でも効率よく買える。

 

やはり自分という素材をいかに活かすかは、自分しだいということで、着ている服はその人を表すのだ。

様は服で見栄え良く見えるということは、センスがいいという前に、自分の姿形をよく見ていて、ちゃんと演出できているか、があらわれているということだ。