妊娠虫40歳。

妊娠虫(バグ)を発生させてからの記録。

私がコロナショック株価暴落で−200万でも平気な理由とは?

なぜコロナショックでマイナス200万でも平気なのか?

①なくなってもよかったお金だったので。

手持ち金にあった600万くらいは人から貰ったお金で汗水垂らして働いたお金ではなく、消費してもいいお金だったから。
ただ何かを買ったりサービスをうけて無くなるお金にするのではなく、投資の世界を体験することにお金を出したようなものだから、ちゃんとその経験は得ていて世界観は変わったので。
コロナショックもまた経験を買っていて楽しいので。

②現物株などしか買ってないので、すべてのお金がなくなるわけではないことを知っているから。 

ギャンブル精神がそこまで高くなく、高いリスクをとってまで大金が欲しいとは思わない。
憧れはあるものの、その才能はないし、それをするきっかけもないので、損益マイナスでも放置プレイのまま、ほかに買いたい欲求が高い。 

③目標を決めているから。

私の初めの目標は、積立NISAとiDeCoの資金を、高配当株でまかなうこと。

その場で儲けようというより、初めの目標設定がひくいのです。
簡単にいえば、配当金で年68万手に入る株をセットでき、働かなくても積立NISAとiDeCoを払えるようにしたいわけです。
これにより、毎月の支払いが減るわけです。
ある意味老後2000万円問題を解決したようなものです。

④専業トレーダーになるつもりもなく、リタイアしたいわけではない。

私には働く仕事が必要なのです。
なぜなら、朝起きて外に出勤することが心身の健康だからです。
専業主婦をしていたころ毎日どうやって1日を過ごしたらよいか難しかったです。
専業主婦も2年で終わり、仕事に復帰しました。
それよりも旦那がいるおかげで生活に困らない人生を手に入れていました。
お金ではなく、人生の経験を買うのに、仕事は私にとって大切なものなのです。

⑤株を買うのが楽しいから。

コロナショックでツイッターなどでみんながわさわさしてる中、それに参加できてる自分が楽しいのです。
もし株を買っていなかったら、コロナショックはただのウイルス回避をしたいだけの出来事だったでしょう。
でもコロナショックでもどうやって国が動き、経済が動き、お金が動き、人の心が動くか、毎日見続けられるのは、株を持っているからです。
それが損益マイナスだったとしても。
反対にマイナスだからこそ、です。


だいたいこのような理由でトータルとして私はコロナショックでも平気なわけです。

できるかぎり貰ったお給料で高配当株を狙い買い続けることが今の目標です。

配当金により68万iDeCoとNISAの毎月の支払いが出来るようになった頃には、次の新しい投資の目標ができると思います。

それまでコロナショックでも買い続けたいです。