妊娠虫40歳。

妊娠虫(バグ)を発生させてからの記録。

円錐切除後に出血がない?追加文章

円錐切除とは子宮口の回りに出来たウイルス感染した場所を切り取る手術だと聞いた。

 

私はてっきり、くり抜かれるように切り取られるのかと思いきや、実際は5mmくらいの厚さを丸く切ったものだった。

 

もちろん深さは先生のお見立てで決められるもので、私が5mmカットでお願いしますとは言えないものだから、手術が終った後にその「ブツ」をみて、少し安心したものだ。

 

思ってたよりは薄めの肉片だったから。

 

でも切り取られたのだから、出血は必ずあるはずの割には、詰め込まれたガーゼをとったとき、それほど出血は見られなかった。

 

また、そのあともナプキンでどれだけ出血するのか気になったものの、なんと、血は見られなかった。

 

しかし、血はなかったものの、水分状のものがたまに出てきてナプキンを濡らした。

 

でもそれは赤くない。

 

もしかしたら電気メスとかは優秀な機械で、出血さえ上手にカバーするものなのかもしれない。

 

とにかく、はじめ想像していた、生理のような出血が何日か続くはず、という想像とは違うものとなった。

 

ちなみに痛みは手術後から特になし。

 

円錐切除は思ってたより、怖くも、痛くもなかった。

 

子宮頸がんの検査、もし検査にひっかかってしまったとき、結果がわかるまで、精神的にとても悪い。

 

もし、、はいつまでもついてくる。

 

だけど、検査はきちんと定期的に、そして恐れず、早めに、最後に考えすぎないように。

 

 

 

追加文章。

このあとの話ですが、3日前くらいから大量のおりもの的なものに血が混ざるようになりました。

下の文の、おりものに該当するのが私の症状の様です。たぶん5mmくらいしか切除してないので、太い血管までは到達しなかったのかも?

 

他の病院の「術後」について書いてあったので、たぶんかさぶたなどの形成によるものなのか、それらしきことが書いてあったので、文章を貼り付けておきます。

それにしてもこんな内容はクリニックからいわれなかったので、、。大量に出血が何日も続くとしか、、。

うーん先生とは言葉足らずなのかしらね。 

流産の危険性とかはきいていますが。ここまでの細かい内容はきいてないかな。

【合併症】
レーザー蒸散術、子宮頸部円錐切除術ともに同じような合併症があります
一般的に、レーザー蒸散術のほうが、円錐切除術 より合併症の頻度は少なく、
程度は軽いです
1.出血
電気メスを用いて慎重に切開しますが、時に太い血管から出血し、止まりにくい
ことがあります
その際には、糸で縫合するといった処置が必要となります
手術終了時には切除部に「かさぶた」が形成されて止血している状態となって
います
この「かさぶた」がはがれる術後7~14日頃に出血が多くみられることが
あります
2.おりもの
切除部位が治癒するまでは、出血にいたらなくても、茶褐色~淡紅色のおりもの
が持続することが多いです
切除部位治癒後は、通常のおりものとなります
3.下腹部痛、腹部違和感
手術当日から数日間、軽い下腹部痛やおなかの違和感を感じることがあります
4.頸管狭窄、頸管閉鎖
切除部位が治癒する過程で、頸管が狭くなる頸管狭窄を起こすことがあります
そうなると、今まで月経痛がなかった人も月経痛を感じるようになる場合が
あります
まれに頸管が完全に閉じてしまう頸管閉鎖を起こすと、再開通術が必要となる
場合もあります
5.切迫早産、早産
円錐切除部位が治癒した後の子宮頸部の長さは、手術前より短くなっています
そのことが、切迫早産や早産の危険性を高める可能性があります
場合によっては、妊娠早期に早産予防の手術が必要となる場合があります

 

いちを補足までに。