妊娠虫40歳。

妊娠虫(バグ)を発生させてからの記録。

旦那が浮気した!自分の中で変わった結婚感。

人生とは面白い。
自分が予想しないことが起こる。
それも自分が一生一緒にいる相手がわざわざ、予想しない事件を、持ってくるのだ。

世の妻たちは思うだろう。
なぜ、自分の隣にいる人が、自分を苦しませる行為をしたりするのかと。

浮気発覚から一ヶ月くらいたつと、怒りも収まり、悲しみレベルもずいぶん低くなった。

そして、なんだか、恐ろしく激しい台風の中から抜け出して、疲れ果て、そして少しずつ疲れも癒やしつつある中、なんだかわからない、ポカンとした穴が妻の目の前にあるのだ。

その穴は、新しい妻の世界だ。 
そこは現実と夢が混じり合った、なんとも言えぬ空間である。

ぐちゃぐちゃしてるようで、清々しい。

妻は嵐のような旅から抜け出して、なんだか、いろいろなものが、自分から剥がれ落ちた気がする。

もうプライドもズタズタだし、自尊心なんて、どーでもいい。
守るものもない。

だから清々しい。

貞淑な妻はもうそこにはいない。

怒りに髪を振り見出し、泣き叫ぶ声と、醜いどろどろした嫉妬や不安が体中を駆け巡り、ただハリボテのような形ばかりの妻の衣装も、ビリビリにやぶけて、用がなくなった。

旦那の浮気という嵐を通り過ぎた妻は、もう昔の妻ではない。

離婚を選ばず、浮気した夫と一緒にいる妻は、はっきりいって、何を仕出かすかわからない狂気ささえ身に着けた。

妻は嵐を通り抜け無事帰還したご褒美に、神様から自由と強さをもらう。

もう妻には、夫の為に、正しく生きる必要はなくなったのだ。

結婚というなの、妻を縛り付けるものは、もうない。

妻はいつでも離婚ができるし、妻はいつまでも旦那のお金という過保護な世界で雨宿りできる。

妻は自分の幸せを一番に願うことが許されるし、傷ついた心と体を、癒すために、人に助けを求めることができる。

高い食材も変えるし、ほしいサービスも受けられる。

浮気女性のために使ったお金と同じ以上にこれから妻は使うことができるのだ。

人生とは短い。

若い時間はとても短い。

妻はもう、結婚というなの幻想に生きる必要はなくなったのだ。

自由に生きよう。

何をしたって、浮気する夫は浮気するのだ。

その姿を隣で見た時、あなたは結婚の誓いなど、偽りだと知っただろう。

幻想や、理想はもう、持たなくていい。

もうあなたは結婚に理想もクソもないことを知っただろう。

だったら、目を覚まそう。

あなたは旦那のために生きるのではない。

あなたが幸せになるために生きるのだ。

あなたは知っただろう。
旦那は離婚しないのだ。

だったらたくさん旦那とセックスして、気持ち良くしてもらい、いつまでも綺麗でいられるよう、美容に一番にお金をかけ、おいしいものを食べさせてもらって、バカンスに連れて行ってもらって、ほしいものはみんな買ってもらおう。

きっと妻を殺しかけた夫は悪いことをしたと思って、あなたにこれから尽くしてくれるだろう。