妊娠虫40歳。

妊娠虫(バグ)を発生させてからの記録。

浮気発覚から約2週間後の状態とは?

あれだけ、泣きわめき、していたのに、現在はケロッとしてます。
夫婦仲は以前よりよくなりました。
こーいうのは、漫画みたいな結末ですよね。
いい感じで終わっちゃうなんて!

離婚や出ていくことを決意してたのに、
浮気相手といった旅館より高級な場所を腹いせ的に、浮気が確定する前に予約してしまったせいで、
行かざるおえなくなりました。

はじめはなんて、辛い旅行なんだろう、怖いと思いました。
だけど予約した旅館は、高いし、温泉もかなり良さそうだし、これを逃したらここにはいけないかもしれないかと思うと、せっかくいくんだから、楽しもうと思いました。

で、最後はあまりにもよい場所で、旦那とセックスをしてしまいました。

ぜったい浮気した旦那とセックスなんてムリと思っていたのに!

あまりにも旅館が良すぎたのでしょう。

そして、旦那の激白をきいたのです。

浮気したのは、私とのセックスがないがしろにされてるようで、子供が出来ても、自分は満たされず、このまま外で満たすしかない、諦めのようなものを感じていたそうです。

普通のセックスが、いつの間にか、子供を作るためという理由の上でのセックスしか私はしなくなりました。
旦那と出会ってから、4年以上たち、もう、空気のような存在というかなってたんだと思います。
そしてセックスに関しては、どうしても積極的になれなかった。
一人エッチは好きなんだけど、どうしても男性相手に、自分のエッチな姿をみせるのに躊躇してしまう自分がいたのは確かです。

昔から男性にイタズラされたり、性的な対象で見られることに、嬉しさと、嫌悪感がありました。
男性とはセックスしたとしても、心から通じ合うことは難しいと昔から思っていたのだと思います。

旦那は浮気していた1年半、ある意味辛かったようです。
もちろん性的発散は出来ても、目の前に結婚した妻とは、うまく行かない現実。
このまま浮気を続けていいのかと迷いながら生きていたと思います。

いやだからって、浮気をしていいわけではない。

ただ、旦那の激白も、私にはわかったのです。
私も同じように思っていたから。

結婚したものの、何かが仕えて、空気のように、穏やかに過ごせるようになっていたけれど、どこか満たされない思いがあった。

それがまさかセックスだとは思わなかったのです。

子供がなかなか出来ない、妊娠した時でも有利になる職場、生活のあらゆる面でお互いに将来の子供のことを考えるも、夫婦として向き合えてなかった現実をまじまじと見せつけられたわけです。

何か素直になれない夫婦。
何かわだかまりがある夫婦。
けっして嫌いとかじゃなくて、なりたい姿の考えは一緒なのに、へんなプライドが邪魔して、夫婦の次の一歩を踏み出せないでいたわけです。

私は相手の気持ちに近づくことが得意です。
それは、自分が同じことをした経験を思い出すわけです。

自分も昔、ひどく浮気をして、人を傷つけたことがある。
でも自分でもどうにもならない感情があって、浮気してたって、幸せではなかった。
その場の感情におぼれて、彼以外を見ていても、うまくは行かなかった。
人を傷つけたことなんて、なんとも思っていなかった。

今でも覚えている。
元彼が、ひまわりの植木鉢を持って、泣いていたことを。

元彼のその孤独感、悩み、それは私に向けられていたのに、気づかない自分。
自分のことで精一杯で、近くの人に甘えて、自分勝手な事ばかりしていた。
うまく行かないのは彼のせいだと思っていた。
彼がああしてくれないから、私は浮気をするんだと思っていた。

自分がやった悪いことが、旦那の気持ちに寄り添えるなんて、悪いことも、役に立つんだと思った。

旦那とは浮気後、セックスをよくするようになった。
旦那は心から喜んでいた。
これでやっと夫婦になれたと旦那は言っていた。
穏やかな日常生活も大切だけど、夫婦の触れ合い、スキンシップ、セックスも大切だと思い知らされた。

私は思った。
自分よりかわいい人は、出会い系なんて登録しないと。
旦那がセックス目的で出会い系で女性たちとセックスしていたことは、そこまで、たいしたことじゃないと思った。

所詮、遊び。
ただのプレイ。
男性にそれ以上のものなんてないのだ。

本当に浮気相手が好きだったら、離婚するはずだ。
でも大抵の男性が、妻を選ぶのだ。

簡単に出会い系なんかで、セックスできてしまう女性は大切にされない。
ただの都合のいい女になりさがる。

そういう関係性を、妻の私が、恨めしそうに考え続けるなんて、不毛だ。

今回の浮気発覚のおかげで、良いことは2つおこった。

一つは夫婦でセックスを楽しむようになったこと。
そして、旦那の浮気のショックが大きすぎて、前妻の恨めしい気持ちも吹っ飛んでいって、今ではなんとも思わなくなったことだ。

これぞ、ショック療法だ。

世の中、悪いことばかりおこるものではない。
悪いと思うとことの2倍は幸せに変換されるのだろう。

まーそういうわけで、ある意味、ハッピーエンドなのかな?