妊娠虫40歳。

妊娠虫(バグ)を発生させてからの記録。

心の変化。流産から。

流産から、水子供養にいってとつぜん復活した私は筋トレに目覚め、毎日を過ごしている。

 

そのせいで自分の中から母性も薄まり、子育てとか、子供についての思考がかなりなくなってしまった。

 

悲しみにくれていた日々や気持ちさえ忘れそうだ。

 

それよりも、毎日筋トレが楽しくて仕方がない。

 

しかし夫は今年中には子供がほしいらしく、3か月自然にうまく行かなかったら、体外受精したいと言い出した。

 

私は残念ながら、あまり気が進まない。お金はかかるは、時間はとられるわ、私は不妊治療のクリニックが好きじゃない。

 

機械的な対応。混んでる場所。なにか憂鬱なもやもやした場所の気がして、面白いものではない。

 

12月で43歳になる。

後がないのはわかっていたとしても、私は今筋トレにハマっているのだ。

 

4月妊娠がわかって、5月流産してそのあと苦しみ約2か月いろいろな心の変化と身体の変化があった。

 

そして今は日常にやっと戻って穏やかな生活を送っている。

 

流産でぽっかり空いた穴はずいぶん小さくなったのだ。

もちろん芸能人が第二子妊娠とか毎日のように記事が出るものの、前より興味薄になり、傷つかなくなってきた。

 

前の自分に戻りつつあるのだ。

胸も小さくなった。私は小さい胸が好きだ。

あの妊娠した時の徐々に大きくなる胸が嫌いだったし、大きくならないでと思った。

大きくなれば皮膚は伸びるし、出産後縮んで垂れるのが目にみえている。

 

はじめっからミルク育児でいいと考えているのに、身体は勝手に胸を大きくするのも、自分を自分でコントロールできない不自由さを感じていたのだ。

 

母性が今は薄いからなおさら嫌悪感がある。

 

私は自由がいいし、自分を自分でコントロールしたい。

それが子供のせいで勝手に変えられるのは好きじゃない。

 

だから今、妊娠したいかといえば、そこまでなのだ。

 

気持ちの変化は、私の心の変化というよりも、脳の分泌物やホルモンなものだと思う。

 

流産は自然流産は、そんなに大変ではないけれど、心へのダメージが強すぎる。

失う悲しさが大きすぎる。

 

もちろんそれでも子供が欲しいという人が大半だろうけれど、私は、今はそれほどでもないというのが正直なところだ。

 

それよりも、筋トレして、強靭な身体が欲しい。

姿勢がよく、疲れにくく、鍛えられたお尻はすいすい私を歩かせ、柔軟な身体は音楽に身軽にノリ、動き、どこでもいけそうな身体が欲しい。

 

きっとこれも、流産の悲しみや、妊娠中の不自由さから反動できているのかもしれないが、私は今そういう状態だから、どうにもならない。

 

無理はしない。

無理すればかならず後でその反動がくる。

 

今の私は、私が認めている。

だからオーケーなのだ。