妊娠虫40歳。

妊娠虫(バグ)を発生させてからの記録。

夫婦だからこそ、我慢しない生き方。

男性というのは、自分にメリットがないことを、しない。

女性の方が、メリットがなくても、相手の立場を考えて我慢したりする。  

自分が何かしたい時、相手がそれをあまりしたくない時、男性は動きがとても鈍くなる。

それを待ってる妻はイライラする。

でも大切なことは待たないこと。

例えばある場所に時間通り行きたい妻。
他にしたいことがあって、時間通りにいくつもにのない夫。

これをもし妻が待っていたら、イライラするし、時間に遅れて、目的は達成できない。

夫婦になると、なぜか相手のことより自分を優先する気持ちが強くなる。

本来の自分が出てるだけだ。

結婚せずに付き合っている時、好きでなくなったら相手に合わせなくなり、別れることになる。

価値観が合わないんだですませられる。

結婚するとそうはいかない。
対処しなくてはいけない。
他人同士、すべて価値観が一緒なんてあり得ない。

結婚して相手のいろいろな嫌なものが見えてくるかもしれない。

そんな時に夫を変えようなんて思わない。

大切なのは、自分が達成したい目的は自分で行動するのだ。

旦那がのろのろしていて時間に間に合わないと思ったら、自分の目的を達成するために、お金を使って、タクシーに乗ってしまうのだ。

時間は有限だ。

お金よりずっと時間の方が大切なのだ。

そして妻よ。
旦那のお金に頼って生きる限り、自分の自由はないのだ。

我慢するか、自分で稼いで自由を勝ち取るか、どっちかに決めたほうが、遥かにうまくいく。

お互いを無理に自分基準で変えようとした時、必ずケンカになる。

だったら、違う選択肢を選ぶしかない。

自分の自由は自分で、勝ち取るのだ。

樹木希林が別居しても続けれたのは、樹木希林の自立した女性の生き方にあると思う。

夫の浮気について、話していい人達。

女性は自分の悲しみというか、そういうのを、人に話すことによって、体の中から悲しみが風化していくことがよくある。

だから、話していい人達にたくさん話す。

話していい人たちとは、ただ話を、きいてくれる人たちだ。

ただ話をきいてくれるということは、女性にとってとても、大切なことなのである。

ただ、きいてくれる。
それのなんとありがたいことか。

ただ聞いてくれた時、自分の悲しみは過去のものとなり、悲しみ自体が、たいしたことじゃない気がしてくるからだ。

自分の中に追い込んだままだと、その悲しみの濃度が増してしまったり、しらない間に内部侵食していたりする。

夫婦というのは、いわないだけで、いろいろ事情があって、いろいろなことがあるのだ。

自分だけではない。

昨日は素敵なレストランで4つ年上の友達とご飯を食べた。

落ち着きている彼女と一緒にいると、癒されるw

きっと彼女の旦那さんも、彼女の静かさに癒されるのだろう。

結婚すると、それ以前に思っていなかったその人の姿が現れるのは当然だ。

無視してない、家庭の中だけでみせる顔。
それはこちらが面白くない、不機嫌の顔だったり、ぼーっとした顔だったり、だらしない顔だったり、くだらないことに笑う顔だったり、けっして結婚前のいい顔だけではない。

でもそれが毎日一緒に暮らす、夫婦というものだ。

だから、へんな理想郷を、夫婦に求めるのは、苦しくなる。

理想郷は自分だけにとどめておこう。
けっして相手を変えようとか、思うことじたい、お門違いなのだ。

私の中に、彼を疑うということは随分消えつつある。

それよりも、自分の生き方をどうしたいのかの方が、問題だ。

子供はほしい。

そのためにも、何か、チャレンジしたい!

夫の浮気でダイエット。

タイトルのままだけど、ここ1年くらいずっと50キロを超えて減らないのが悩みだった。

夫の浮気で3キロ痩せたままでいられる。

あと2キロ痩せたら、水着も不細工じゃなく着れる。

私の夫はずっと浮気をしていた。
でもそれは単なる外のトイレにいって排泄してただけで、対して意味はない。

私は旦那とセックスできる。
嫌ではない。
浮気の嫉妬心で性欲が上がったくらいだ。

私には男性の性欲のために外で面倒くさいことをするのは、理解できないが、男性とはそういう、生き物なのだろう。

でもこれで、もし将来私が誰かに恋をしたり、浮気をしてしまった時、気分的には楽だろう。まあ、そんなことはないだろうけど?(うーん。前例があるからなんとも言えないが)

人間なんて、弱くて、自己中心的で、自分のことが一番大切なのだ。そんな赤の他人が、利害関係が一致して、もしくはご縁で、一緒にずーーーっと死ぬまでいたとしても、他人なんて何を考えてるか所詮わからない話なのだ。

愛なんてものは、脳内のものでしかない。
形なんてない。
愛にこれが正しいものなんてない。

すべて、自分の頭の中で作り上げられている幻想でしかない。

でも身体は伴うから、幻想ばかりでもなく、なにか五感が一致して、電気信号により、男女二人が一緒にいるというのは、良いことなのだと思う。

また子供を育てるには男女ペアの方がしやすい。

理屈や、美談で、夫婦に理想を求めると苦しくなる。
幻想に過ぎないからだ。

浮気によって私の夫婦は浮気しないものだという、常識は崩れたけれど、

それも一個の経験として生きるしかない。

それによって旦那依存から、もっと自分が心地よい場所や、したいことがはっきり言えるようになるだろう。

料理を作りたくない時は作らないことになれてきた。

世の旦那さんよ。
あなたが外で排泄することによって、旦那の食卓にでてくる食事は変わるのだ。

また妻の貞操観念も変化することを知っておいたほうがいい。

妻は旦那に浮気されると最終的にきれいになる。

女性としてさいど自覚をしなくてはいけなくなるからだ。

もし奥さんが他の男性と出会い離婚することになったとしても、それは仕方ないことだと思ったほうがいい。

夫婦の関係を裏切るということは、そういうことなのだ。

夫婦一緒にお風呂に入る。

昨日は、彼がファンのコンサートにいって、その話で夜盛り上がった。

まるで浮気が嘘のように。

私も彼が楽しい姿がうれしかった。

お風呂に一緒に入ろうと言われた。
本当は明日も早いし、裸を見せるのは苦手だし、面倒くさいしで、一人で入りたかったけど。

旦那はいう、夫婦が一緒にお風呂に入ると、仲良くいられるだってって。

私の肩や足をマッサージしながら、話す。

結婚する前から、出会い系アプリで浮気をし続け、いろいろな女性とエッチをしといってもそう簡単にはできないだろうけど、半年彼女を作っていた旦那の口からいうのだ。

夫婦関係を修復しようとしてるのか、ご機嫌をとりたいのかわからないけれど。

彼の行動や、言動はよくわからない。

ただ、無防備な私でさえ、もう傷つきたくない、自分を守りたいと身構えてしまう。

またこれから何かあるのではないかと思ってしまう。

それは夫婦とか、信じるとかじゃなくて、人間としての防御反応だと思う。

すぐ忘れる私も、手帳に記録してあったりするのを見ると思い出す。

どこに私達は行き着くのだろう。

ただ、大切なのは、自分の防御体制に入ることでもないし、旦那と戦うことでもない。

そんなことをして、夫婦として何になるのだろう。

時間が解決する部分もあるだろう。
人は悲しみや痛みを忘れてしまうから。

神様は、わざわざただ悲しみを与えるためにだけに彼を浮気させたわけではない。

私に足りないもの、私が乗り越えなくちゃいけないもの、私が目を背けてはいけないものを、ショックを与えて、無理矢理見せようとしてくれている。

世界の広さ、人の弱さ、男性というもの、夫婦について、自由について、愛について。

人は変わらない、他人を変えることはできないという。

だけど、近づくことはできる。
自分が願う姿に。

ただ目の前でおこった、突発事故を見るのではなく、そこに隠されている運命のようなものを見なくちゃいけない。

神様が、何かをする時、そこにはちゃんと、宝が隠されている。
でもショックを受けた人間は目が涙や怒りでカスミ、宝が見えなくなってしまう。

宝を見つけるのは、自分自身だ。
ショックを受けたのは私。
旦那ではない。

ショックを与えてくれたのは神様。
旦那という人間を使って、私に教えようとしてくれている。

宝を必ず見つければ、目の前の浮気という突発事故はたいしたことではなくなるのかもしれない。

だから、宝をちゃんと見つけよう。

旦那に浮気された!浮気発覚から28日目困ったこと。

あんなに大喧嘩して、離婚騒ぎで、ワーワーやってたのが嘘みたいに、昨日の段階で、ぴたっと止まってしまった。

まるで浮気なんてなかったかのように。
いや、あったんだよ。
結婚してからすぐに、出会い系やってたんだよ。
毎週のように女と会ってたんだよ。

もしくは、結婚する前から出会い系に登録してたんだよ?
いや同棲始めてからだよ??

おかしくない???

私はおかしい。

今日は朝から不妊治療の病院にいった。
スケジュールが決まった。

おかしくない?

だって浮気してたのに、子作りなんて??

でもこれはまだ浮気が発覚する前に私が予定を組んでおいたのだ。

子供に、海外旅行の予約、来年は引越しと。。。

なんだかよくわからない。

自分が。

相手は元からちんぷんかんぷんだけど。

自分がよくわからなくなってしまった。

事実がどこまでなのか?

出会い系なんて若い時やったことあるけど、たいしていい出会いもないし、だいたい、出会い系なんて面倒くさい。

だったら、パーティーみたいなところでたくさんの人の中から良さそうな人と出会った方が楽しい私としては、出会い系アプリってあんまり使ったことない。

クラブも好きだったし、別にそこで彼を見つけたいだなんて思ったことはないけれど。

普通にいろんな、健全なイベントに参加して出会いつきあった。う

だいたい彼があまり途切れたことがない。

軽い女という、気持ちはないけど、押しに弱いのはたしかかもしれない。

きっとへんな男性に狙われてるのかも。

自分を見直したい。
(思い出してみよう、、、)
初めての彼は学校の先輩、社会人になって心が離れて別れた。4年くらいつきあった。その後すぐ初恋の人を思い出し、追いかけたのが25歳。
付き合えなかったけど、キスはしたw
エッチまでしなかったのはよかった。

好きな人とはキスまでっていうのが一番いいかも。

実家に戻って、千葉のクラブに遊びだした。27歳、遅い遊びざかりだ。
そこで何人かちゃんと付き合ったような。
出会い系も、何人かだけ知り合ったけどあまり記憶にない。
ぷち同棲もしたような?
ここらへんは出会いが多すぎてあまり覚えていないけど、若ちゃんとあったのもこの辺だったような。
若ちゃんには惚れたな。

学校にまた通いだして、新宿のクラブに少しバイトしてそこでも少し出会った。
学校でも、少し出会ったな。

学校にかよいながら、クラブでも少し大人っぽいところで知り合った人が超好みで、告白したけど振られたけど何年も恋い焦がれていた。

卒業してまた働きだして、
あるイベントで知り合った年下の彼と付き合い、振った。
その彼の友達に興味があって付き合うことになった。
同棲した。このころが31とか?かな?
海外で仕事、浮気しちゃって、されて、相手を悲しませてしまった。

すぐまたイベントで彼ができて、結婚の話も出たけど、別れて、その後かな?婚活パーティーに行きだしたのは、

今の旦那と知り合ったのが37くらいだったような。
婚活パーティーでも他に二人くらいちゃんと付き合ったし、別れたけど。
私はすぐに、気持ちが不安定になって、別れる別れないを言い出すから、別れることになるんだけど。
男女の付き合いは何回経験してもちゃんと人間同士として付き合えないんだろうな、私は。

それでも20〜40歳だったら、20年。
たくさん知り合うよね?付き合うよね?

そんなに長く関係を続けることもできなかったけれど。

今の旦那と知り合ってから4年過ぎたけど、最長の部類に入るもの。

これから、10年とか今の旦那と一緒に生きてるのかな?

きっと子供とかいたら、あっと言う間なのかな?夫婦なんて。
二人だけだったら長く感じるかもしれないけど。

でも私は、こんなにいろんな人と出会ってはつき合ったのに、今の旦那の前の奥さんは13年も旦那と一緒に、いたんだよ?
最終的に奥さんが出て行っちゃったけど。
すごいよね。
学生時代からつきあい初めて5年目で結婚、8年の結婚生活。
その4年後には再婚したけど。35までの女の一番いい時をすべて旦那に捧げたわけだ。
第二の人生を歩みだした元奥さん。絶対いい人だったと思う。もったいないことしたよね。

私はきっと前の奥さんより大人しそうに見えて、破天荒な気がする。

お互い破天荒同士でいいのかな?

大人しい男性や優しいだけの男性は興味が持てず、遊び人くらいがちょうどいいのかな?私にはと思ってしまう。

いや、自分では遊び人だなんて思ってないし、ただ好奇心旺盛なだけなんだけど。

結婚ってなんなんだろ。

浮気って何?

その後は何?

結婚して、浮気したいとは思わない。
面倒くさいし。
でも女性としてはいつまでも見られていたい。

ああ旦那もそうなのかもしれない。

旦那は寂しいのだろう。
私が構わないから。
私が男として魅力的と思ってないから。
おじさんと思ってるから。

男として、求められたいんだろう。
だから外の何も知らない女性と会うことでドキドキしたい。

私がもし浮気というか、男性を引きつけようとするんだったら、格好も、香りも、目線も違う。

そんなことしたら、旦那にバレるだろう。

いや、旦那にとって、私は、いつまでも、女でいるべきなのか?

仕事にいく妻。
綺麗な格好をした妻。
よそ行きの妻。

それはそそられるかもしれない。
自分の知らない妻。
他の誰かに目をつけられるんじゃないかと心配してしまうような妻。

それ以上に、離婚したくない夫。

浮気がバレて、早く子供を欲しがる夫。

確実なものにしたいのだろう。

家族というものが欲しいのだ。

どんなに頑張っても、55歳の旦那にとって、自分の老いには勝てない。
どんなに女性が好きで、昔何又もしてたとしても、昔と今は違う。

嘘をつかないと若い女性となんてデートできない。

そして、そんな嘘の関係がうまくいくとも思ってもいないのだろう。

もしくは、出会い系で出会える女性なんて、ほどほどしかいないだろうし、いい人は誘いに乗らないのかもしれない。

実態はわからない。

だけど、出会い系であえる人が当たりなのではない。
だから、途中で面倒になって彼女を半年作った旦那。

独身と嘘をつき、年齢も偽って、彼女の家だけいって、自分の場所は教えない、っていうかウソがバレる。

それにしてもその彼女もよく半年も既婚者とわからずつき合ったものだなとも思う。
間がぬけてるのか、モテないのか、旦那のウソがうまいのか。

とにかく浮気の真実なんて、実際よくわからない。

永遠と探偵でも雇って逐一報告してくれたりだったらわかるけど。

でも、予想は、できる。

たぶん旦那は口がうまいし、お金も出せる、結婚したい35過ぎた女性だったら騙せるかもしれない。

後は一回きりの性欲お互いはけ口か、お茶で話して終わるだけかなんだろう。

だいたい小さな胡散臭いおじさんだもの。

私はそういう人と結婚した。

なんでだろ?
私も胡散臭いのかな?
同レベルなの??

彼は願っている。早く私に子供を産ませたい。

でも神様はそう簡単に私を妊娠させるだろうか?

私は今回の浮気で、少し目が冷めた。
それは旦那に対してだけでなく、自分に対してだ。

生活費や贅沢品をすべて旦那に依存し、自分で立とうという気力が薄れていた。

それでも働かない生き方に時間を持て余して、学校に行き、フルで仕事を初めて1年半。

仕事はやっぱり社会との繋がりを感じられるから、続けたい。なにかしら。

生きるってなんだろう?
いろいろな事を知ったり体験したりするためのもの?
それだったら浮気で悲しむのも一つの体験なのだろうか?
そこから、学べることはたくさんあるだろう。

活かさない手はない。

私は少し痩せた。
やっぱり、結婚しても、見た目の危機感は持ちたい。

いつまでも魅力的でいたい。

離婚して再婚したっていい。
もし子供ができなければ、いずれそうなるかもしれない。

でもその時に、子供が産めないのは困る。

浮気発覚から約1ヶ月。
秋がくる。

これから1ヶ月が、人生の帰路の分かれ目かもしれない。

浮気されたという悲しみの嵐を何度も短時間で繰り返し感じ、やっと過ぎ去った気もしたけれど、そこに虹はない。

そこには、少しグレーがかった、景色としては華やかではないキャンパスが広がっている感じだ。

これから、見たい景色を、探す時間ではない。

これからは、見たい景色を自分でキャンパスに描く時期なのだ。

探すのではなく、自分の手に筆を持ち、色を決めて、描くのだ。

描いたら、そう簡単には消せない年齢にきたのだ。

そういう、人生の帰路に立たされたのが、今なのだ。

怒れない、浮気したのに。

夜は、悲しく泣いていたのに!

旦那が帰ってきて、歯医者の話になって、つい話に夢中になって、怒ったりするのを忘れて、そのまま、いつも通りの時間を、過ごした。

でも彼の愛してるLINEは無視している。

だって、それは、うそだから。
彼が愛してるのは、私でもなく、そして浮気相手でもない。
彼は自分自身を愛しているのだ。

わかってる。

私は、もう彼の言葉をそのまま受け取りはしない。

彼は嘘をつきたくてついてるわけじゃない。
ただ自分を守るために嘘をついてしまうのだ。

べつにすぐ離婚するわけではない。

でも私は癒す時間と、そして、自分の人生を考える必要がある。

険悪な日になるとおもっていたが、以外や以外、普通に過ごせた。

だからといって、心のわだかまりが、消えたわけではないこともわかっている。

いつ噴火くるかわからない火山を自分の中にもっているのだ。

きっと。私は見つけられる。

結婚というもの、旦那という男性に出会えたことに感謝しよう。

浮気はされた、ずっと付き合ってからも、結婚してからもされていた。
最悪である。

怒りっぽい、子供っぽい、自己中心的。

そんな旦那だった。 

でも悪いところばかりじゃない。
人間いいところもあれば、悪いところもある。

初めて旦那と出会って、人生初めて大喧嘩したり、怒鳴ったり、汚い言葉で罵り合ったりした。

そんな人はいままでいなかった。

あまりに適当に生きているように見えるから心配するくらいだ。

でも彼はそういう人だ。

結婚は悪くない。

離婚したとしても悪くない。

他人同士が一緒に生活して、環境も違うし価値観も違う。

そういう素のままをみれるのは、夫婦にならないと難しいかもしれないから。

付き合いだけだといいところだけ見せあったり、生活もみえないし、両親との関係だって深くない。

だから、結婚はいろいろなことを考えさせられる。

彼は女にとって最悪の分類に入るけど、
手は上げなかった。
ギャンブルもお酒もタバコもしなかった。

ただ女癖が悪く、そのために平気で嘘を付き続けられる男だったというだけだ。

でもそういう男性とも初めてだったし、よかったと思う。

私もまだ愛なんてわからない。
好きもわからない。

自分がフラフラしてるから。

でもそろそろきちんとしなくちゃって思わせてくれたのも、この結婚、そして離婚のおかげになるかもしれない。

一人に戻るのは誰だって寂しいし悲しい。

でも私達はお互いフラフラしてて結婚して、フラフラしてたから、そこでやっぱり、ちゃんと愛する人を見つけることって大切だって気付けるだけでも、残りの人生、いいんじゃないかな??

気づかないまま、フラフラフラ人生じゃ、終わりに近づいた時、なんだったかわからなくなってしまう。

人を愛すること、それには、きちんと、自分がしっかり立ってないと無理なんだ。

それが再認識できただけでも、価値がある。