妊娠虫40歳。

妊娠虫(バグ)を発生させてからの記録。

変わる心、行動あるのみ。

2年間ぐらい、もんもんとしていた、仕事がしたくて、普通の朝起きて仕事して帰ってくるっていう生活がしたくて。

半年行きたかった学校にいって、行きたかった会社には行けなかったけど、それでも今好きなことで働ける幸せ。

それに、2年間、たしかに仕事はしてなかったけど、その間仕事をしてなかったからこそできた、矯正や、手術がある。
ずっと10年くらいしたかったやつ、願いは叶った!

全部満足ってない、けれど半分以上、いや7割くらい満足。

7割も満足なんだよ??すごくない??

1年1年何もやってないようで、私の自由というエネルギーをふつふつと燃やしつつ、葛藤し、燃やせない不完全燃焼の2年だったけど、それでも
実際色々、できた。

それは認めなくっちゃ。

で、今。

現実を知りつつ、それでも、ちゃんと努力し、それでもうまく行かなくても、正しい努力をしていれば、必ず叶うことはたくさんある。

だからこそ、今願えば、50歳の時には叶ってる現実がやってくる。

何を叶えたい?

それにね、前の奥さんのことがあまり気にならなくなった。仕事してるせいだと思う。

何かに打ち込んでいる時は、他人のことなんて気にならないものだ。

気になるときは、自分が不完全燃焼だから。

それが知れただけでも幸せだ。

麻布十番で派遣の仕事。

派遣の仕事を紹介され、時給1500円、1日1万2千円を稼ぐようになった。
彼と同棲するようになってから無職になって2年以上たち、仕事に久しぶりに復帰した。

40という歳の現実を知った。
初めての派遣は悪くないと思った。
気分も楽で残業もなく、やることやって仕事を終える。
正社員の人たちは残業でおつかれぎみの姿を横目で見つつ定時で帰れる私。

まー派遣というのがそういう仕組みだからなんだけど。

労働時間8時間、なんか充分な気がする。
そんな毎日ぐったり疲れる程働く価値とは何か?

もっとプライベートを充実させるべきだと思う。

退職する時、お金しか残らない人生なんてよくないと思う。

会社という組織しか自分にないっていうのはよくないと思う。

人生一度きり。

長いようで短い人生。

もちろん徹夜してまで仕事したければすればいいけど。

でも、なんかね、人間ってやっぱり無理すると、他への影響が必ずでる。

家庭が上手くいかないとか、好きで楽しくてやるんだったらいいけど、辛くてお金の為にやるんだったら、家族はきっといい迷惑を被ることになるから。

ストレスが溜まればどこかで発散しなくちゃいけない。

最終的にはプラスマイナス0の人生なんだから、だったら楽しくて好きな方を選んだほうがいいと思う。

旦那の言い草。

ごちゃごちゃいわれるんだったら、やらない!

とかいって出ていった。
彼は一緒に新しく事業を始めようとしてた人から振られたのか?連絡がないとブツブツいいって、私に、最悪あいつとはやらないとか、いい。

そして私に1年だけ私が協力してくれるんだったら新事業を始めようと思うと言い出した。

ええ!と思うでしょ?

私は段取り8割の人よ。
自分でこれって思わないと動けないタイプ、
なのに彼は私が、どうしてすぐに自分と協力して新事業をやるっていわないんだってイライラしだした。

どうなの?
自分の思い通りにならないとイライラし、捨て台詞のように、やめるっていったり。。
うまく行かなければ1年で罷めればいいとか、
そんな適当な気持ちで私は同意出来ない。

それが私。
彼がなんと言おうと、私は私がいいと思うことしかできない。
不安から始まる新事業なんて私的に無理だと思う。

なにかこうしたいとか展望があればいいけど、ただやるとか意味がわからないのだ。

お金儲けしたいなら、務めた方がすんなりお金も貰えるし、労力も使わないし。

私は男性についてくタイプではない。だいたい彼について行きたいだなんて思えない。

単に面白そうだから一緒にいるだけで、その他なし。

どっちかというと、危なっかしい彼で、非常識だと思うことの方が多いんだから。

じゃーなんで彼と一緒にいるかといえば、自分の中でまだ自由でいられるから。

いろいろあった男性で、私が自由に動けば嫌がるし、最後は別れることになった。

別れなかったから結婚したというのが正解だ。

私には男性運がないと、占い師さんがいっていた。

だいたいダメ男的な人を面白いと思って付き合うんだから。

私もだめ子だと思う。
釣り合ったから結婚できたのだ。

彼のことをどうのこうのいうつもりはない。
だけど、自分のことを言われるのるは許さない。

私はそういう人間だ。

自分の中で採算が合わないことはしないのだ。

採算っていうのは、お金とかじゃなくて、面白さ、興味深さとか。

彼と私のリズムははっきりいって違う。

でも夫婦というのは、違いを認め、そのままで良いというのじゃないと続かないものだ。

世界を変えたければ、自分が変わればいい。

昔は彼の一言一言に腹を立てたけど、今はそれほどでもないな。

今できることを私はやるのみだ。

彼はずっと迷走というから迷歩してるんだけど、それも彼が自分で抜け出さないといけない。

私は私の尺度で、自分がしたいこと、好きなこと、できること、得なこと、を自分で選んで行動するだけだ。

入籍から1年、離婚が頭をよぎる。

付き合ってから合わせて3年。

彼は親の遺産で暮らし、マー彼がこれから生きるだけだったら充分なお金で暮らせるだろ。

私はというば貯金0円。
投資を少しずつ始めたくらいだ。

年齢も41直前。

なんというか、つまらない。
合ってないと思う。
これから何十年、死ぬまで一緒にいる人なのか疑問に思う。

私は自由な生き方をしてきた。
だけど結婚して、とくにプラスマイナスゼロなのだ。

好きとか、はっきり言ってない。

心から愛する人の近くにいられれば、お金なんて関係ないと私は思ってしまう。

金がなければ愛があっても覚めるというけれど、普通に働いていたら、普通に生活できるんじゃないかと思ってしまう。

それに私は仕事が好きだ。

愛する人の子供だったら、どんなに大切にするだろうし、もう充分だと思って未練もない。

だけど、今は、旦那に対して何もない。
はっきりいって、次の日から他人になれる気がする。
終わってる。
というか、妥協の結婚だったのかもしれない。

お金がもし1億あったとしても、使えなければ意味がない。
たしかにいざというときは大切だろう、年取れば、愛だのなんて関係なくなるんだろう。
生活できればいいと。
旦那が金を持ってきてくれさえばいいと。

でも私はどうだろうか?

旦那は私がほしいものをくれない。

高級タワーマンションの1ルームで二人で暮らす息苦しさ。
ここからぬけれるようにカフェにいったり、学校いったり、
はっきりいって居心地のよさなんて感じたことない。

車の中なんて最悪、運転するたびに、イライラする旦那とあんな密室にいるなんて耐えられない。

いや、3年もいれば、旦那がどんなに怒鳴ったって耐久性ができるから、ある程度対応はできるけど、気分は悪い。

けしてハッピーにはならない。

でも現実、私の生活費は旦那の遺産から出ているのだ。

会社は持ってるものの、実質仕事がない状態が何年も続き、私があってからちゃんと彼が仕事らしい仕事をしたのは1回のみだ!

それでも彼は金運がいいのだろう。
大金も入るし、大金を失う運命なのだ。

私は何もなし。
常にフラット、上がりも下がりもしない中、自分なりの人生だ。

このまま終わりたいというのが本音。

旦那の言葉遣いの汚さ、怒鳴る、高圧的な態度は彼独特のもの。
きっとそんな、人が好きな人もいるだろう。

だけど私はそういうのが嫌い。

旦那のおかげで、物事をはっきりいえるようになったのはいいことだと思う。

こうやって専業主婦になって、自分には合わないとよくわかった。

さらに、私って愛のためならなんでもやる気質なんだろう。

彼が私にイライラする時があるのはわかる。

きっと私は自分のことしか考えてないからだ。
旦那のことを男性として愛していない。

私はやっぱり女性は、愛する人の元にいるときが一番輝く。

もちろん仕事でも輝くだろうけど。
でも仕事ってお金が絡むし、キリキリするキャリアウーマンも多い。

心豊かでは、ないよね。

自分の居場所がないのだ。
なんか。

求めすぎだろうか?

今日や未来に何をするべきか迷った時は?

選択肢はたくさんある。
でもつい習慣でいつも同じ行動をして、選択に満足しない、もしくはそれでよかったのか不安になる時がある。

人間には現状維持機能があって、いままでそれなりに無事に生きてきたから、そのまま変えずに生きようとする機能が備わっている。

だからつい同じ間違いや、同じ不安をいつまでも繰り返し、将来に不安になったりする。

そんな時有効なのが、10年前の自分に語りかけることだ。

例えば、今40歳だったら、30歳の自分の行動にアドバイスを送るのだ。

こうしてみたら?それはあまりやらないほうが効率的かもよ?とか。

そうすると自分に足りないものや、同じ間違えをしてるヒントが得られる。

10年分の経験値を得た自分が、10年前の自分にアドバイスするのだから、有意義だと思う。

たまには自分の人生の棚卸しをしてもいいんじゃないかなとふと思った。

忘れちゃうから、紙に書いておくほうがいいかも。

自分のバランスがとれるものを身に着ける。

心や頭のバランスがもし自分で偏ったりフラついたりしやすいと感じているのなら、バランスのとれるものを常に身につけておけばいい。

例えば、私だったら、つい集中しすぎたり、上手くいかないことにイライラする時、ムーミンを読む。

携帯のラインとかもムーミン柄。
携帯の中にはムーミン電子書籍を入れていて、あ、なんかイライラしそうと思うとぱっと見ます。

そうすると、意識がぱっと緩やかになります。

できれば、どこかに行かなくちゃいけないとかじゃなくて、身近に身に着けられるものを見つけるのはいいことだと思います。

癒し系キャラがうけるっていうのは情報過多の現代には必要だわ。

学校卒業と、お目当ての会社不採用で良かったこと。

学校を卒業して9日目だ。
不採用になってまだ2日しかたってない。
計画は失敗に終わったお陰で、新しい時間の使い方が必要になった。

残ったのは
○パソコン
○学校で使った教科書
○他に揃えた本
○学校でもらったプリント
○グーグルのKEEPに入れた情報

これだけでたくさんのことができるのは分かっている。
 
でもまだ動けていない。

今日は久しぶりにゆっくりしていて読んでない本をめくっていたら面白い本だった、、、読める時間が出来てよかった。
 
ただ、知識を人の役にたてないと、宝の持ち腐れだ。

情報は鮮度が重要。
本だって、腐るんだと先生がいっていた。

読みたいと思った時に読まないと腐ると。
この本ももう少ししたら腐りはじめるだろう、その前に読まないと。

期限を決めて来週からまた動き出そう。

ただし、今回は制限がある。
子供だ、予定では12月らしい。
彼から第一優先で考えるよう念を押されている。

放送作家の人がいっていた。
出来ないことが多い環境の中でこそ、いいアイデアが見つかると。

私はそこにかけようと思っている。

今年のはじめに自分が学校にいくなんて思っていなかった。
でも専業主婦としても生きられないし、レジのおばちゃんになるのもいやだった。

だからといって国家免許使って開業する度胸もモチベーションもなかった。

で、学校にいったけれど、それはそれは有意義な時間で、本当に行ってよかったと思っている。

後は、制限の中で、自分なりに納得した仕事ができればと思っている。

今まで仕入れた知識の中にヒントがある。
それを探すのに充分時間はある。

もしお目当ての会社に入っていたら、ママにはなれなかったかもしれない。
今はママになれる可能性が高くなって、さらに自分の好きな仕事が手に入る可能性が出てきた。

お目当ての会社は安定企業。低い給料でもそれなりに働いて頑張ればいいと思っていた。
でもそれが叶わなかったからこそ出来ることがあることにそろそろ気づき始めている。

今の時代、パソコン1台あればなんだってできると62歳の先生がいっていた。

先生が今教壇にたっているのはパソコンのおかげだと。
もしパソコンを使っていなかったら、ただのジジイだといっていた。

先生はMacを組み立てて使っていた時代からの人だ。
まだインターネットが普及する前からWebの世界にいるくらいだから、きっと真実に近い言葉だろう。

2017年もあと2ヶ月ある。
大切にその2ヶ月を使いたい。

新しい命と出会う前に。